2013年11月14日木曜日

GT-Rが良いとは限らないですね。


  S2000、ポルシェ997カレラ、R35GT-R・・・。高級車は数多くあれども実際に所有してみたいクルマはそうたくさんはなかったりします。もしちょっとお金が転がり込んできて、このどれかを買えるとしたらどれにするか?と考えるとなかなか結論に達することができません。

  試乗してみればいいと思いますが、試乗して解ることなんて初心者の私にとっては、そのクルマの大体の雰囲気くらいなものでしかなく、まあどれに乗っても優劣こそ付くかもしれませんが満足できるものになるはずです。

  実はこの1週間の内にこの3台の後ろをじっくり走る時間がありました。ドライバーの性格もあるでしょうが、ゼロ発進からの立ち上がりなどの基本的な動きを見ていて、おそらく運転していて気持ちがいいのは、S2000997GT-Rの順番ではないかなという気がします。

  立ち上がりの挙動はやはり軽量なクルマほど良いのは明らかで、GT-Rはタイヤが必死でグリップして安定しようとしていますが、加速が小刻みに変化している様子がわかります。強力過ぎるエンジンパワーを一生懸命封じ込めて、スピンを避けているようです。

  GT-R、ランエボやSTiといったAWD&ターボのスポーツカーはサーキットに行かないとその性能はほとんど発揮できないクルマなのだと思います。もちろん断トツで速いのでしょうが、一般道ではほとんどのドライバーがその加速を楽しむ余裕などなく、ただ重い車体をズルズルと引きずって走っていて、日本の道路スペースの狭さに苛立っているかのようです。

  997RRという先入観もあるのでしょうが、FRのクルマよりもワンテンポ速く加速がつながっていくので、馬力の多寡に以上に鋭く伸びます。率直に「おお、ポルシェやっぱすげ〜な」と感心してしまうほどで他車とはやはり違います。NA車なので低速での速度の出し入れも心地よく楽しめそうです。

  S2000は実際に一緒に走ってみてとても感銘を受けました。あんなに優雅に峠のコーナーをクリアしていくスポーツカーはなかなかないですね。あれだけの走りが出来るなら2シーター買うなら絶対これだなと思いましたね。ホンダにはぜひ復活を期待したいです。S2000の走りはコチラをどうぞ⇒「S2000の走りは鳥肌ものだった・・・」

0 件のコメント:

コメントを投稿