2013年11月11日月曜日

オデッセイは「見事な変身」か「裏切り」か・・・

  ホンダのミニバンはなんだかどれも速そうですね。Hマークを輝かせて、軽自動車を煽り倒す「ストリーム」の勇姿は、日本の至る所で見られます。軽自動車やエコカーのドライバーから見れば天敵かもしれませんが、1車線の国道などを家族連れでもスイスイ走ってくれるミニバンは基本的に「いいヤツ」だと思います。

  ミニバンのくせに飛ばしたら危ないという意見もあるようですが、SUVもハッチバックも似たようなもので、車高が高いクルマはバランスが悪いです。SUV・ハッチバック・ミニバンはどれも形は違いますが中身はほぼ同じ仕組みなので性能もほぼ一緒です。部品もほぼ同じものを使っていますし・・・。それではどのクルマがどれくらい「危ないか」と言うと、重量や出力がバラバラでわずかに差がありますが、1600mm以上もあればどれもほぼ同じくらいに危ないクルマです。ミニバンだけが特に危ないということはありません。

  ホンダのミニバンユーザーは他車のミニバンと比べて元気に走る傾向があるので、ホンダ車はよっぽど接地感などクルマを信頼できる要素が特に多いようです。メーカー別にすると「ホンダ>マツダ>スバル>日産>トヨタ」の順でミニバンの走りはアグレッシブなようです。トヨタにはアルファード/ヴェルファイアといった過激派もいますが、ノア/ボクシーの走りは総じて大人しくて、渋滞の先頭になっているケースも見受けられます。

  やはりトヨタ・日産ではなく、ホンダ・マツダ・スバルを敢えて選ぶユーザーの多くは、4発エンジンの性能差に惹かれるケースが多いようで、例えミニバンでも走りを満喫してしまう輩が多いのかもしれません。ホンダ・マツダ・スバルのミニバンの共通点として、「子供が喜びそうなデザイン」が挙げられます。この3社はミニバンをカッコ良くしようとはまったく考えていないようで、デザインに秀でるマツダも、率先して珍デザインを生み出したりしています。

  最初に大ヒットしたホンダのステップワゴンが、「コミカル」なデザインを採用してハイエースやボンゴなどの武骨なイメージを一新し、ファミリー層の需要を徹底的に掘り起こしましたが、今もその手法が主流のようです。それでもメルセデスのようなイカついクルマに乗りたいという「男気溢れる」お父さんの為に、トヨタがアルファード/ヴェルファイアを出すと、こちらも「コミカル」を嫌う層を取り込み大ヒットしました。

  「コミカル」ホンダVS「男気」トヨタの二大派閥の対立軸の中でミニバンはこの10年ので日本の津々浦々に広がりましたが、対立と言うより最初から客層は完全に分かれている気がします。ホンダ・マツダ・スバルのミニバンに乗る層はアルファードやエルグランドを「ダサい」と感じているだろうし、反対にアルファードユーザーから見たら、「コミカル」なミニバンなんて絶対に乗りたくないはずです。

  この「水と油」のような趣向の違いを上手く取込まないと、ミニバンといえども不人気車になるというリサーチのもと、新型オデッセイが「コミカル」から「男気」へ鞍替えしました。従来の顧客はバッサリ切り捨てて、トヨタ購買層を切り取りにいった模様です。ミニバン最強の走りを謳っておきながら「コミカル」というアンバランスさが販売減につながっていたのは否定できないので、当然の変身でしょうけども、「アルファードはダサい」と思っていた従来ユーザーにとっては複雑な気分かもしれません。


  

0 件のコメント:

コメントを投稿