2013年10月25日金曜日

爆音で聴きたかったら、いいクルマ買え!

  住宅地の道路は昼間になれば、慢性的な渋滞でクルマが数珠つなぎになります。住んでいる家の前もバス通りなので、休日ともなればヒドい渋滞なんですが、一番ムカつくのがオーディオが外に漏れてるクルマです。家の中まで聞こえてくるくらいの、イカれたクルマが1日に数台は現れます。

  普段は日本車好きな私もこの時ばかりは、日本車の愚かな設計が恨めしく思います。軽・コンパクト・5ナンバーミニバンの3車種はオーディオなんて積むな!とすら思います。どうせキレイに音が聞けないですし。まあその分余計に音量を上げてしまうというのも、なんとなく解るんですが・・・。

  今日は駅まで歩いていく途中で見かけたのが、日産セ◯ナにのったオバさんで、狂ったような音量でジャズ風なイージーリスニングを流してました。もしかしたら窓でもちょっと開いていたのかもしれませんが、それにしてもヒドい音でした。お楽しみのところ申し訳ないですが、クルマを買い替えてくださいとお願いしたいです。できればドイツ車なんかいいんじゃないでしょうか? ロードノイズは日本車よりも騒がしいですが、メルセデスVクラスなら10年落ちで50万円くらいで変えますよ!

  まあ「人の振り見て我が振り直せ」ですね。「音漏れ=安物のクルマ」ってことになっちゃうので、絶対にそんな事態にならないように、どのくらいまでボリューム上げても大丈夫か実験してみようかなと思います。確かに一人で乗ってると際限なく音量上げたい衝動に駆られる時があるんですよね・・・。

  まだ大学生のころ、夜中に駐車場の警備の人に「ウルサイクルマは困るんだよね!」って言われてかなりテンション下がった記憶があります。当時はまだ廉価なトヨタ車に乗っていたので、おそらく駐車場のオッサンは「そんなカスみたいなクルマで粋がってんじゃねーぞ、馬鹿野郎!」くらいのことを言いたかったんだと思います。「音漏れ車」は同様に、街中でいろいろな人にそうやって思われているはずです・・・。「アホな車はムダに騒がしいな、日本から消えてくれ!」って・・・。



  

0 件のコメント:

コメントを投稿