2014年3月18日火曜日

普通のクルマって何?「カローラ?」「カムリ?」

  そもそもクルマってどれくらいの価格のものが「普通」なんですかね。なかなか人に訊けない!というほどではないですけど、訊かれた相手も「う〜ん・・・」となって困ってしまいそうな質問ですかね。親切に教えてくれる人もいくらでもいるでしょうが、その答えはバラバラで結構的外れなことを言ってくる人も。

  もちろん車種によって違うなんて誰にでもわかりますけど、ある程度満足できるクルマに付けられる価格って一体いくらなの? 簡単な方法はクルマ雑誌の後ろに付いている価格表を見て、「これだったら欲しい」というクルマをピックアップしてその価格を調べることです。まあ単純なことなんですが、それでももっと安くて楽しめるクルマが有るのではないか?と思ってしまうんですよね・・・。

  例えば「アテンザ」「レガシィ」「マークX」「ティアナ」とピックアップしたときに、もしかしたら「シルフィ」でもいいかも・・・「スイフト=スポーツ」「アクセラ」「インプレッサ」でもOKか?なんて思ってしまいます。結局のところ量販車なんて大きかろうが、小さかろうが、設計上の差異は具体的には素人にはよく解らないレベルですし。そして他の人に訊くと、「インプレッサ」「アクセラ」辺りをアリという人もいればナシという人も・・・。

  実際のところ、「アテンザ」と「アクセラ」に深刻に悩むほどの「差」はないですけど、やはり価格差なりの違いはあります。じゃあ結局のところどういう点で一番「差」があるかというと、一般的に上級モデルのクルマに乗っていれば、より高いレベルの高級車の乗り味を連想することができますし、下のグレードのクルマに乗っていると、より大衆的なクルマの乗り味をイメージし易くなります。つまり自分が所有するクルマを基準に「普通のクルマ」のイメージが出来ますから、「アテンザ」と「アクセラ」ではそれがだいぶ違うものになるはずです。

  これって結構大きいんじゃないかなって気がします。同じマツダ乗りでも「アテンザ」ユーザーと「アクセラ」ユーザーでは言っている事(マツダのイメージとか)がまるで違ったりします。もちろんスバルでもトヨタでも日産でもメルセデスでもBMWでもまったく同じことが言えます。人からクルマについて助言を得る時は、できればその人がこれまでに乗ってきた車種を訊いて、その助言者を「支配」しているであろうクルマのイメージを理解した上で、助言を聞くのが望ましいのかなと思います。





「最新投稿まとめブログ」へのリンク
  

0 件のコメント:

コメントを投稿