2014年3月23日日曜日

クルマを所有するからには、全力で「学ぶ」べき。

  クルマを所有する前は、実はたいしてクルマなんて興味ありませんでした。クラウンとマークXの違いすらよくわからなかったくらいです。それでも所有するようになって、毎週末を一緒に過ごす彼女を乗せるようになってから、一生懸命に「学ぶ」ようになりました。もちろん安全なドライブのためです。彼女なんて元を正せば「アカの他人」なわけで、事故なんて起こそうものなら相手のご両親にまったく顔向けできないし、お詫びのしようもありません。それは街を歩く歩行者に対しても全く同じ気持ちです。

  別に私の考え方を他人に押し付けるつもりはありませんが、クルマのオーナーなのに安全運転や自動車を図解した本を1冊も持っていない人や、自分のクルマの衝突安全基準について知らない人というのは全く理解できません。もちろんいくら本を読んだところで「40年の安全運転の経験」にはまったく敵わないです。まだ若いうちは「経験」なんて無いものねだりですから、せめて本から知識を吸収して、それを元に自分のクルマの挙動をチェックして経験のなさを補う努力は、人の命を預かるものとして「絶対に」必要だと思います。

  確かに「クルマに"ガチ"な人」って痛い印象かもしれませんが、別に周囲にそんな素振りを見せる必要はないわけです。私もリアルではクルマなんて興味ない態を装っています。あくまでクルマなんてプライベートなものですから、個人的に熱心に取り組むべきですし、それが同乗者への愛情とか社会への責任とかの原点じゃないですかね。それすらやろうとしない適当な人々が多い。メルセデスの掲示板なんて見てみれば解るとおもいますが、何も分かっていない人々の集いでしかありません・・・。

  一昨年に現在の愛車を購入しましたが、その時は約半年にわたり候補となるクルマを丹念に調べ、より安全に日本の公道を走れる性能を追求しました。衝突安全基準は北米でも欧州でも最高レベル。高速道路での直進安定性も最高レベル。峠道での急な下り坂での安全性を考えてか、車重が抑えられていて、制動力もハンドリングも最高レベル。よく調べれば、こんな素晴らしい国産車が300万円で手に入ります。

  安全性を誇るボルボS60と共通設計。制動力は下のクラスのVWゴルフ、同クラスのメルセデスCやBMW3を凌駕。FF車ですがESP(電動ステアリング)と前輪ダブルウィッシュボーンでハンドリングもBMW3やスカイラインに十分匹敵で、安定走行性はFFの方が上ですし・・・。さらにリーマンショックでの販売不振に直面して、後期モデルから捨て身の性能アップを行っていて、レクサスLSより上ということはないですが、クラウンよりは確実に静音性が高い! VWゴルフ7が「クラウン並みに静か」とか言われていましたが、「だから?」って感じでした・・・。そもそも2代前のクラウンからロードノイズが目立ち、現行になってからいっそうヒドくなってますから、そもそも比べる次元が低い。

  ここまで調べ上げると、ネット上に自分のクルマの悪口が書かれていても別になんとも思いません。ブログを初めてまもなく、E61オーナー様から「あなたは私のブランド(BMW)を批判しているようですが、あなたのクルマは一体いかがなものなの?」(実際は気品すら漂う丁寧な文章)といった質問をいくつか受けました。その方の知性溢れる書きっぷりに感銘を受けつつ、今まで学んだことをここぞとばかりにしたためてお返事しました。その気持ちが通じたのかわかりませんが、今も度々楽しいくて興味深いコメントを頂いていております。

  よく自分のクルマが批判されるとメチャクチャ怒ってくる人とかいますけど、「怒る」ってことはそもそも買う前にそのクルマのことを十分に分かってないからだと思うんです。事前によく理解していれば、自分のクルマの欠点もよく分かりますから、「後席にエアコン噴出口がない」「シートベルトのバックルがやや留めにくい」などなど自覚した上で、何をいわれても何とも思わないです。それでも「完全否定」されてしまうようなクルマは避けたほうがいいかもしれませんが・・・(A180、CLA180、320i、328i、320d、116i、120i、C180.、C200、C250、E250、523i、523d、528iなどなど他多数)。




「最新投稿まとめブログ」へのリンク


2 件のコメント:

  1. のっちさん、こんばんは!

    これはコメントしないと(笑)
    そういえばそんなこともありましたね・・・。
    飲めない酒でも珍しく飲んでたのかな・・・。

    たぶん車を好きなこと、その度合い。
    車を所有していること、その理由。
    車を選ぶためのそのツール(お金とか情報とか、あとその人が持つアンテナ)
    が違うだけなんじゃないですか。

    そういう価値観が違えば、全く同じ工業製品
    (アテンザもBMWも所詮大衆工業製品でプレタポルテみたいなモノ)
    に注ぐ目も必然的に変わってきて当然だと思いますしね。

    E61への批判は当然あって然るべきでしょうが、
    たぶんBMWへの批判にちょっと、来たんでしょうね(笑)
    クヴァント一族の同族経営とか、そういう経済的なことを抜きにしても
    私はBMWが生み出してきた車とそれに付随するあらゆる文化が好きなこともあって、
    車(車体)がアレだからってどういう訳でしたり顔しとんじゃ!ってなったのかな^^

    まあ私も今はBMWerじゃないですし、今のBMWには(ほぼ)不満しかないんですが、
    だからこそF11を選ばなかったわけですしね。初期の528には心惹かれないこともなかったんですが。
    あのデザインですしね、BMWが好きじゃなきゃ選択肢にも入れない。

    それはそれとして、だから、ちゃんと伝わってますよ、ってことですよ。
    少なくとも的外れな批判なんてのっちさんはしてないと思いますし、
    どの部分をどう評価してこういう表現になっているのかを考えることもおもしろいですよ。
    字面だけ追ってれば、そりゃオーナーにとっては面白くないこともあるでしょうが、
    それに対して過激に反応する時点で、なんか後ろめたいことでも?って感じです。

    やっぱりF30系のオーナーのドヤ顔は見てて恥ずかしくて目を背けたくなりますもん。
    それ選んでる時点で大層な情弱か、もしくは感性とか品性とか鈍ってるとしかwww みたいな。


    ということで、これからも痛烈でそれだけに示唆に富むブログ、楽しみにしてますね(笑)

    返信削除
    返信
    1. yatsumeさんこんにちは
      お忙しい中コメントありがとうございます。

      最近の輸入車乗りコメンターはやや小粒な方が多く、
      yatsumeさんくらい気合いが入っているといいのに!
      と感じることが多いんですよね。

      このブログも初期にメルセデスEをボロクソに言った記事がありまして、
      先日それがEクラスの2ちゃんで晒されていて、
      「何だコイツは?」ってことになってたのですが、
      私の記事の真贋も判断できない人々が、
      「妬みだな・・・」しか言えない思考停止状態には唖然としました。
      「ドイツ版クラウンコンフォート」に憧れるわけねーだろ!って感じで・・・。

      先日ご紹介頂いた「レクサス/セルシオへの道程」はとても勉強になりました。
      中嶋靖という作家が他のメーカーについても書いてくれれば面白そうですが、
      他のクルマに関する文献が一切なくてちょっと残念でした。
      これからもマンネリにならないようにいろいろと「学んで」記事書いていこうと思いますので、絶妙な「ツッコミ」をよろしくお願いします。

      削除