2014年6月29日日曜日

スカイライン に続いて レクサスNX でターボ導入だそうで・・・

  「レクサス」はもちろんですが、「スカイライン」も今や完全に高級車の仲間入りを果たしました。どちらもアメリカ市場ではすんなり受け入れられたのですが、欧州の自動車産業主要国(ドイツ、イギリス、イタリア、フランス)ではメルセデスやBMWの厚い壁に阻まれています。まだ参入して間もないインフィニティ(海外でのスカイラインの販売ブランド)はともかく、レクサスは2011年の落ち込み以来、回復の手がかりすら掴めていない状況です。

  ドイツやイタリアでの「レクサス」のブランドでの販売台数は月販100台に届かず、これは米国の新興EVメーカー「テスラ」と同程度の水準に過ぎません。アメリカ人が「自動車市場最高の完璧な乗り物」と評した「LS」をドイツのアウトバーンを250km/h以上で安定に走行できるHV車として開発された「レクサスLS600h」をもってしても欧州の厚い壁は壊すことが出来ませんでした。LS・2代目GS・2代目ISの主要3車種がドイツで相手にされないとしたら、どこの国でこの性能を使い切るんだ?というほどの過剰気味のスペックをわざわざ開発した意味はあったのか?ということになります。「出る杭」は打たれるじゃないですが、さすがに性能を上げ過ぎて思わぬ「反感」を買った部分もあるのではないかと思います。現行の「IS」は動力性能もデザインもドイツ勢が全く相手にならないほどハイレベルです。

  HVの性能を比べても、メルセデス、BMW、アウディの「マイルドHV」なんてトヨタに惨敗したホンダの初期形システムみたいなものですから、トヨタの「フルHV」の燃費性能との間にはかなりの実力差があります。ただしアウディA6HVとレクサスGS450hを比較した実験によると、一般道では約40~50%ほどGSが優れていますが、高速区間ではA6もGSもそんなに変わらないようです。「ストップ&ゴー」が日本よりも少ないと言われる欧州での仕様環境だと、ブレーキを踏む回数が少ないですから「フルHV」のメリットはそんなに出せない一方で、こういう環境では、日本ではまったくと言っていいほど役に立たないガソリンターボが欧州ではそこそこ使えたりします。

  レクサスはこれまで「LS」と「GS」にはガソリンNAとHVを、「IS」に関してはガソリンNAとディーゼル(欧州専売)を設定してきました。しかしなかなか打開できない欧州市場に痺れをきらしたのか、来年以降は中国市場を見据えて自社で開発した2Lターボを、「IS」と「GS」の底辺グレードに追加する見通しだそうです。これまでヤマハとの供給契約に基づいてV型6気筒2.5LのラインナップをマークX、クラウン、IS、GSの4車種に設定してきました。これらはリーズナブルながらも静音設計に優れた「ご隠居車」として日本では熱い支持を受けてきたわけですが、最量販のクラウンが現行モデルにてHVへの乗り換えが大幅に進んだことから、いよいよ廃止される見通しなんだとか。

  中国の人は、「日本メーカーはターボを中国で出し惜しみ」していて、「日本に行けば、ガソリンターボの日本車がたくさん走っている」と思っている人が結構多いみたいです・・・・確かに「軽ターボ」はたくさん走ってますけど。トヨタも日産も「先端技術を中国に投入していない!」という誤解に基づく厳しい眼で見られている部分もあるようです。そういえばちょっと前に、「インフィニティ」と「レクサス」それぞれが「中国生産に前向き」というニュースがありました。それに続いて相次いでの「ターボ設定」ですから、なんだか両メーカーの意図が分った気がしませんか? 「メルセデス」「BMW」「アウディ」「キャデラック」といったライバルは全て中国生産が盛んですから、当然といえば当然ですが・・・。

  「中国生産」と「ターボ設定」というプレミアムブランドの新しい常識に、レクサスもインフィニティも追従したわけですが、果たしてそれが自動車好きの人々が望んでいる方向性か?というと大いに疑問が残ります。結局のところ欧州市場や北米市場でメルセデスの主役を張っているのは「ダウンサイジングターボ」か?というと、実際は全然違うわけです。あくまで中国で売りやすい「コストを抑えた」プレミアムブランド車のスペックにちょうど良いのが「2Lガソリンターボ」だというだけの話です。

  書いてる本人は「2Lターボのドイツ車」なんて全く興味がないくせに、「日本メーカーもやっとターボを投入・・・」みたいな論調で煽っている記事を見かけるようになりました。もちろん最凶最悪の偏向雑誌「ニューモデルマガジンX」です・・・。ホンダのリコールやマツダの『闇返金」?などわけのわからない事は一生懸命に叩くくせに、トヨタと日産が中国でPMxを大量に出す「直噴ターボ」を生産・販売して、東アジアそして日本の環境(大気汚染)をどんどん悪化させようとしていることに関しては何も言わないのでしょうか?果たしてどれだけ影響があるかはわかりませんが、「できれば止めてほしい!」というのが日本に住んでいての率直な感想です。なんでトヨタは「HV」「FCV」だけという姿勢を貫き通さないのか?って大々的に批判すべきところでは・・・。

  もちろん既に「ターボ」で稼いでいる「VW」「アウディ」「メルセデス」「BMW」「キャデラック」「ボルボ」「プジョー」「シトロエン」「ルノー」「フォード」そして「ズバル」「日産」も日本の環境をどんどん悪化させる「悪徳企業」なので、本来なら全て断罪すべきです。「直噴ターボ」に乗るヤツは全員「クズ」なんて過激なことは言いたくはありませんが、気持ちの中ではそう思ってますし、これ以上環境を悪化させないためには、「"直噴ターボ"は絶対に買ってはいけない!」ともっと啓発していくべきではないでしょうか。

リンク
最新投稿まとめブログ
  ↓相変わらずのDQNっぷりが目立つ低能雑誌・・・
 

0 件のコメント:

コメントを投稿