2014年6月27日金曜日

ハスラー、コペン、アクセラ・・・200万円あったらどれを買う?

  本体価格が180万円!乗り出しが200万円!まあ決して安い買い物ではないですけど、そのクルマに満足できるならば、なかなかいい買い物じゃないでしょうか。具体的にフィナンシャルプランを挙げてみると、とりあえず頭金100万円入れておけば、あとは「残クレ」ならば月々1万円程度の負担でいけます。1ヶ月辺り駐車場が1万円、保険が5000円、ガソリンが8000円くらいとすると、3万3000円でクルマが持てます。最近のクルマならばガソリン8000円で1000km近く走れます。

  2年前に発売されたトヨタ86は、発売前に「200万円で買える!」と散々に煽っておきながら、最終的に「300万円コース」になってしまいかなりの落胆&批判もあったようです。しかしその後、自動車ユーザーの「切実なる想い」は着実にメーカーに届いたようで、200万円をターゲットにした「欲しくなるクルマ」が次々に企画されるようになりまいた。そして「クルマ離れ」が叫ばれる時代に、スズキ・ハスラーやマツダ・アクセラは発売とともにメーカーの予想を大きく上回るバックオーダーを抱え、嬉しい悲鳴となりました。

  トヨタ、日産、ホンダといったグローバルでの勝ち組にとっては、このようなユーザーに擦り寄った200万円のクルマなんて経営上の優先すべきことではないようですが、中堅の独立系メーカー・スズキやマツダにとっては生き残りのために「ユーザー本位」のクルマ作りでひたすらに好感度をアップし続けないといけない宿命にあります。もちろん「勝ち組」にも巨大組織全体を食わせていかなければいけないわけで、トヨタが次期プリウスに5000億円の資金を投下するなど、「一か八かの勝負」をするという意味では「中堅」と同じ苦しみがあるようですが・・・。

  少なくとも、マツダアクセラとスズキハスラーの2台は、「新車でも買ってみるか!」という気分にさせてくれるクルマじゃないかと思います。「アクセラ」の1.5Lガソリンモデルと「ハスラー」のターボ・上級グレードが価格でほぼ同一です。ただしハスラーは軽自動車なので各種税金が安く設定されている恩恵が得られます。この新型2台の他にワクワクできる既存のヒットモデルとして、「スバル・インプレッサ」と「スズキ・スイフトスポーツ」辺りが200万円で収まる「満足モデル」として市場の支持を受けています。そして新たに発売された「ダイハツ・コペン」がこの争いに参戦してきました。

  スズキ、マツダにトヨタ系列のダイハツとスバルがなかなか程よいバランスで好勝負を展開しています。日本の自動車メーカー同士はライバルとはいってもそれ以上の「仲間意識」があるようで、200万円という価格で中堅メーカーが切瑳琢磨しているところに、日産が「シルフィ」をぶち込んだり、トヨタがリアサスを強化した1.8L「オーリス」を無理やりねじ込んだりしようとしません。過当競争でメーカー同士が疲弊するのを「合法的」なやり方で避けているのがなんとなくわかります。シルフィとオーリスの日本価格はVWゴルフとほぼ同等ですから、両メーカーともにこれだけ国内で売る気を見せないとやはり販売は低迷します。しかしグローバルではしっかりと売れているので日産もトヨタも別に痛くも痒くもないのですが・・・。

  さて200万円で買える「素晴らしい」5車種の内どれを買えばいいのか? これは完全に使い道によって分かれると思います。東京近郊に在住で山形県や三重県あたりまでドライブで旅行に行きたい人は、「グランドツアラー」的な要素が強調されているアクセラやインプレッサがいいでしょうし、せいぜい活動範囲が近隣の都道府県程度で、そこから外へは行かないという人は「スペシャルティーカー」的な特長が売りの「スイフトスポーツ」「コペン」「ハスラー」から選べば楽しいカーライフを不自由なく送れると思います。片道2時間以上乗るならやっぱり「アクセラ」「インプレッサ」が断然に楽ですし、高速道路の走行にも向いていますが、個性という点では「スイフトスポーツ」「コペン」「ハスラー」が際立っています。

  自動車雑誌の評価ってのは、たいしてアテにならないものですが、今月号の「ニューモデルマガジンX」がスズキハスラーを大絶賛してました。日本車でここまでべた褒めされる例は滅多になくて、マツダのアクセラでも「まあまあ」の★3つだったのですが、ハスラーは輸入車しか貰えない★4つを獲得しました。まあおそらく言いたいことは、輸入車と直接ガチンコにならない軽自動車なら気楽に評価できるけど、アクセラみたいにVWに喧嘩売ってるモデルは絶対に評価しないというクソ意地悪い考えが根底に渦巻いているのでしょうが・・・。日本車が欧州車を超えようとするなんて断じて許さん!とか言われてもね。
  
リンク
最新投稿まとめブログ
  

0 件のコメント:

コメントを投稿