2016年1月22日金曜日

200万円台のクルマを一番まじめに作るメーカーは?

  日本で売れ行きが好調なクルマの価格帯は二極化していて、それは「200万円台」と「600万円台」なんだとか。前者はいわゆるアクアからプリウスまでの価格帯。後者は一目置かれる高級モデルの価格帯。じゃあこの2つの価格帯はそれぞれに別物といえるくらいに設計上に大きな差があるのか?というと、ハッキリ言ってしまうと「無い」です。結局は600万円台のクルマのほとんどが200万円台のクルマをベースとしてデコっただけってのが多いです。

  一例を挙げると、600万円台のレンジローバー・イヴォーグのシャシーは、200万円台のマツダ・アクセラのものがベースです。600万円台のBMW・Z4のコンセプトは、200万円台のマツダ・ロードスターのパクリであり、そのシャシーは200万円台のBMW1シリーズのものを使っています。他に探してみるまでもなく、こんな事例ばっかりです。

  カネを払う人が納得していればそれでいいのかもしれないですけど、こういった事情を知ってしまうとなかなか600万円台のクルマを買おうとはなかなか思わないです。できることなら十分に納得できる作りをしている200万円台のモデルを選びたい!・・・しかし吟味すると、やはり200万円台のクルマらしいサバサバした大味な作り込みが少々気になってしまって、やっぱり600万円台のクルマがいいなぁ・・・ってなるんですけどね。

  それでも各メーカーともに知恵を凝らして「いいクルマ」を作っていて、素人にはそう簡単には見破れないくらいのぎっしり中身のあるクルマが増えてきたような・・・、そこでどのメーカーの200万円台が一番納得できるクルマ作りをしているのか? これについて考え抜いて、自分なりのある程度の見解を持っておきたいな・・・なんて暇人らしいことを思いつきました、もちろん次の1台を決める上でも非常に有益です・・・ということで自動車メーカーに喧嘩を売ることになりかねないですけど、独断と偏見で「良し悪し」を決めてみたいと思います。まずは各ブランドから「代表車」を選出しましょう。


トヨタ「プリウス」数あるトヨタの中でも圧倒的な説得力

日産「ティアナ」使い道が明確、エントリー随一の実力派

ホンダ「オデッセイ」先代とは別ものでもホンダの看板モデル

マツダ「アテンザ」ワールドデザインCOTYノミネートの輝かしい実績

スバル「レガシィ」パワーシート&後席シートヒーター標準は反則だろ

スズキ「エスクード2.4」本格派の証・ラダーフレーム

三菱「アウトランダー」プレミアムな内装にこだわったSUV

BMW「1シリーズ」RWDのCセグ=個性派

メルセデス「Aクラス」フロントデザイン&ユーティリティ=ザ・ドイツ車

アウディ「A1」該当車これだけは・・・ちょっと苦しいかも

VW「ゴルフ」知名度抜群・やっぱり芯が強い

フォード「フォーカス」現在バージョンアップ中・未完成の魅力

シトロエン「C4」パノラマミックウインドウなど付加価値が高い

DS「DS3」次世代プレミアムが誇る隙の無いデザイン

プジョー「308」ドイツのお株を奪うような機能美

ルノー「メガーヌ」スポーツモデルは有名だけど、ベース車は?

フィアット「500X」ブランドの野心の表れか・・・

アバルト「500」カスタム後で200万円台はお得かも

アルファロメオ「ミト」コンパクトらしからぬ存在感に1票!

ミニ「ミニ5ドア」価格の割にセンス良くまとまった内装

シボレー「ソニック」コンパクト・ナンバー1の操縦安定性


予想以上に多くて、6カ国21ブランドも出てきてしまいました〜・・・しかも一筋縄ではいかない味のあるモデルが多い気が(これから楽しそう)!日本での販売が多い(1000台以上/月)主要15ブランドの内で、200万円台の設定が無かったのは「レクサス」と「ボルボ」のみです(ダイハツはOEMなので除外)。残った12ブランドとマイナーな輸入車ブランドがさらに9つもありました(競技用は除外)。

  次回からは、順位を発表しつつその順位になる理由を説明していきたいと思います。(どうせ日本車が上位にくるんでしょ!)まあそうですかね・・・。2月中には21台全部終わらせたいと思いますので、よろしくお付き合いください。

リンク
最新投稿まとめブログ

  

0 件のコメント:

コメントを投稿