2019年5月16日木曜日

極限まで手頃な価格で、極限までエンスーなクルマ・・・スイフトスポーツ

 

スイフトスポーツは進化?退化?
先代のスイフトスポーツがあまりにもエモーショナルだったこともあって、現行のスイスポには当初あまりいいイメージを持てなかった。先代モデルはドイツ市場で絶賛されるなど、日本車のレベルを世界に示す当代随一のホットハッチだった。1.6Lの自然吸気ユニットは6900rpmにピークが設定される特別チューンのスポーツユニットで、低速域から安定して駆動力を発揮して淀みなく加速できた。


可能性を感じる乗り味
こんな芸当が楽々できるスズキならば、思いきって2.4Lの直4ユニットをチューンナップして乗せてワンクラス上のスポーツモデルへと昇華させる価値があると思うし実現を心から期待しディーラーマンにもハッキリとその想いを伝えたけど、北米市場撤退とともに2.4Lユニットの廃止が決まったようでとうとう実現することはなかった。惜しいなー。アウディS1やMINIクーパーSに匹敵する「ウルトラハッチ」をスズキが作ったならば・・・世の中(自動車の市場環境)は結構大きく変わったんじゃないだろうか!?


日本とドイツの友情の証
ドイツの自動車雑誌にも先代スイスポは高く評価されていた。同時期の日本のカーメディアはポロGTIをベタ褒め。お互いに相手国のホットハッチを賞賛し合う友情は美しいなと思ったのですけども、その後にスズキとVWの関係が悪化し、とうとう法廷で争うという事態になり、スイスポとポロGTIは、日独のカーメディアを巻き込んだ茶番だったのかー・・・と複雑な事態を飲み込みつつあるのですが、それでも先代スイスポのドイツ車を思わせるようなストレスフリーな駆動系は洗練度が高かったし、先代ポロGTIに使われたツインチャージャーはバブル期の日本メーカーが考えつきそうなギミックだった。これでもよくできた茶番!?


ウルトラハッチの時代
現行世代に変わり、スイスポは先代ポロGTIを思わせる1.4Lターボ。ポロGTIは幻の2.4Lスイスポを実現したような2Lターボへと変わった。ラリー人気によって欧州ではBセグホットハッチが、クローズドコースで限界走行を楽しむエンスードライブと認識されつつあるようだ。欧州のほとんどのメーカーが200psオーバー級の1.6Lターボや2Lターボを載せたトップレンジのモデルを用意している。


ラリー人気
WRCの注目度は相変わらず高く、多くのメーカーが入れ替わり立ち替わり参戦を果たしている。90年代は日本メーカーの独壇場だったが、2000年代に入り参戦メーカーが大きく減り、シトロエンとフォルクスワーゲンが一時代を築いた。そして現在はヒュンダイとトヨタの日韓対決がジリジリ熱い。フォードやMINIなどBセグ界隈で市販車を発売するメーカーも2000年以降しばしば参戦を果たしてきた。日本勢が活躍した90年代とは違って日本市場のセールスにはあまり貢献しないという指摘もあるようだが・・・。


最高の愛情を受けたBセグハッチバック
先代スイスポの正常進化だとなかなか思えなかった現行スイスポだけども、183万円(MT)/190万円(AT)のギリギリのコストの中に欧州向け拡大ボデー、テネコのショックアブソーバーが標準装備、970kg/990kgに抑え込んだ車体重量が盛り込まれている。本体価格200万円以下のモデルで、これだけこだわりを見せてくれるなら、とりあえず応援すべきだなーと思う。クルマを手軽に楽しめる環境の中になんとか留まっている。ヴィッツGR(229万円)、ノートNISMO・S(232万円)、フィットRS(205万円)・・・と大手メーカーもなんとか自動車文化をつなぎ止めようと必死に取り組んではいるけども、欧州で販売されている3ナンバーワイドボデーをそのまま導入しているのはスイスポだけだ。


絶望的な自動車市場に輝く最後の希望!?
シビックtypeRやオデッセイなどの上級モデルにはザックスを相次いで採用し、ホンダは傘下のショーワに揺さぶりをかけているが、そんなにいいものならフィットRSにも使ったらどーだろうか!?トヨタや日産の企画にも似たようなことが言える。マツダはBセグへの投資には否定的で、競技用車両15MBこそあるものの、目立ったスポーツモデルを作ろうとはしない。Bセグのポルシェ、Bセグのフェラーリといった熱量でフラッグシップモデルとしてスイスポを売るスズキだけが、Bセグで心から納得できるコスパを実現している。


シルビアが復活しない事情は!?
トヨタ、ホンダ、日産が掲げるフラッグシップスポーツは、スーパーGTに参戦するRC、NSX、GT-Rであり、その下にカテゴライズされるスポーツモデルは、どこか「ゆとり残し」で作られている。日産がシルビア後継という茶番に手を染めないのも、ホンダがS2000復活プロジェクトに熱量が不足してしまうのも、なんとなくわかる気がする。トヨタも自社で開発するのでなく、スバルやBMWに作らせているのも道義的な感情に押しつぶされているからだろうか?


クルマがわかっていないジジイどもを殴り飛ばせ!!
スズキに匹敵する規模(販売台数世界10位)で、Bセグがフラッグシップになるメーカーなんて世界中探しても出てこない。しかもミッション作らせてもAWD作らせてもべらぼうに上手い。欧州メーカーのどこよりも洗練されたAMTを作ったともっぱら評判だ。エンジン技術もずば抜けている。1〜1.4Lクラスでは世界最高レベルと評されている。コンパクトカー搭載ユニット(軽自動車用0.66Lまで!!)なのにフルEGR(吸排気循環システム)を配備するなど、欧州メーカーに真似できないレベルの技巧派。宝石のようなスズキの小型車の魅力が日本のユーザーには十分に伝わっていないのが残念無念だな・・・。


↓スズキやスイフトの価値がわかってないア○のコメントを血祭りに挙げた・・・
「ちっこい輸入車に乗る輩に対する慇懃無礼な偏見」







最新投稿まとめブログ



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。