2014年7月9日水曜日

ポルシェに乗るにはいくら稼げばいいのか?

  何気なく人から「クルマっていくらお金がかかるの?」と訊かれることって結構多いです。駐車場の相場が5,000〜70,000円くらい幅があり、乗りたいクルマによっても千差万別なのでとても一概には言えず、以前はなかなか要領良く説明できませんでした。そこでもっとシンプルな回答を用意しておこうと「ざっくり」としたものを考えてみました。駐車場相場は環七と環八に挟まれた地域(東京基準ですみません)の平均相場20,000円として計算して、クルマに使えるお金に応じて「月5万円コース」「月10万円コース」「月20万円コース」「月30万円コース」の4コースに分けて、今では訊かれた時に答えるようにしています。

  やはり新車のポルシェに乗るなら「月30万円コース」になっちゃいますね。毎月30万円をクルマに投入、それを最低でも5年続けられればポルシェでも無理なく維持できます。月額では無理でもボーナス込みで年額360万円確保できればOKです。一流企業に勤めている独身者なら正直言ってそんなに難しい金額ではないかもしれません。この金額で「ポルシェ911カレラ」「ポルシェボクスター/ケイマン(全グレード)」「ジャガーFタイプ(全グレード)」「BMW M3/M4」「メルセデスC63AMG」「レクサスLS600h」「レクサスIS-F」「日産GT-R」といった羨望の眼差しを受けられるクルマに乗れます。新車ポルシェのイメージからすると「高い」というよりむしろ「そんなものか」といった感じかもしれません。

  「月20万円コース」でも、一般に"高級車"と呼ばれる類いのクルマが十分に買えます。「レクサスGS300h/350」「レクサスIS300h/350」「フーガ350GT」「スカイライン350GT」「BMW523d」「メルセデスE250」「アウディA6 2.0TFSI」といったところでしょうか。このコースは実はとても悩ましい問題があります。日本車だと6気筒もしくはHVといった贅沢なモデルが買えますが、ドイツブランドだと5シリーズ、Eクラス、A6の直4の最低グレードが精一杯であまり満足感が得られません。なんで月20万円払ってディーラーで惨めな想いをしなければいけないのか・・・。これらのクルマの上級グレードだと「月30万円コース」あるいはそれ以上になってしまいます。とりあえずこのコースならば絶対に日本車(特に日産)がオススメです。

  わりと現実的になる「月10万円コース」では、世間の評価はそれほど高くないかもしれないですが、所有してしっかり使えば十分に満足できるクルマが買えます。まだまだ日本も捨てたもんじゃないですね。「トヨタハリアー(全グレード)」「スバルレヴォーグ(全)」といった話題のクルマから、「日産エクストレイル(全)」「日産ティアナ(全)」「マツダアテンザ(全)」「スバルレガシィ(全)」「トヨタマークX(全)」といった実力派から選び放題です。

  昔と違って高級車でブイブイ言わせる時代でもないですし、このクラスならとりあえず全く安っぽいところはないですから、駐車場でとなりにメルセデスSクラスが並んだとしても何も臆することはないですね。堂々と赤坂や六本木に林立する高層ビル商業施設のセレブ感を出しちゃっている地下駐車場に突撃しても何の問題もないです。丸目のメルセデスEクラス(旧型)に乗ってる人よりも断然にまともに見えます。

  他にもこのコースなら候補はたくさんあります。「アルファード/ヴェルファイア(全)」「エルグランド(全)」「オデッセイ(全)」といった高級ミニバンも、「マツダロードスター(全)」「スバルWRX(全)」「トヨタ86/スバルBRZ(全)」といったスポーツカーも選べます。さらに中古車まで手を広げれば、「20万コース」や「30万コース」のクルマも十分に購入可能です。もちろん人それぞれ価値観は違いますし、収入やお金に対する個人感覚も大きく広がってきていますが、それでも現実問題としてクルマにかけるお金なんてせいぜい月10万円くらいに抑えるのがまともな感覚ではないかという気がします。クルマを十分に楽しみつつ経済的に無理なく生活するならば「月10万円」が目安だと言えます。

  クルマなんてとりあえず問題なく使えれば、なんでもいいという人ならば「月5万円コース」でもいいでしょう。ただし駐車場が2万円以上するなら最初から新車は論外です。できるだけ長く使えて低燃費なものを中古車で込み込み80万円くらいに抑えなければいけません。車両価格だけならばとりあえずちゃんと走って「5万円」なんてクルマもたくさんありますが、故障のリスクを考えると新車保証(エンジンなどは新車から5年10万キロまではメーカーの保証が受けられる)が残っている年式のものを選ぶのが無難です。5万円ならばリスクも何もないように思えますが、出先で壊れてレッカー費用をぼったくられるとなかなか面倒です。そもそもクルマの修理も多少のボッタクリは当たり前の世界ですから、懇意の修理屋でも無い限りはやめておいたほうがいいです。

  私個人の考えでは、「趣味」でクルマを所有するならば「10万円コース」か「30万円コース」のどちらかだと思います。「20万円コース」は輸入車メーカーやレクサスからは足元を見られている気がしますし、「日産」が特に好きというわけでもないならば、お金の無駄なように感じます。ちょっと偉そうですが、とりあえず社会人として着実に歩む自信がついたら「10万円コース」でクルマを買い、出世したり事業で成功したときには堂々と「30万円コース」にすすめばいいんじゃないでしょうか。

  
リンク
最新投稿まとめブログ
↓GT-Rも中古なら「10万円コース」でいける時代に突入!・・・いや残念ながらこのクルマはメンテにお金がかかるので「20万円コース(日産コース)」ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿