2016年8月29日月曜日

100万円台のクルマ選び!!!これが一番面白いな〜。

  中古車じゃないですよ!もちろん新車限定です。100万円台でそれなりに納得させてくれるメーカーには頭が下がります。中には「100万円台のクルマなんて恥ずかしくて乗れん!」なんて感じる人もいるでしょう。クルマ好きというプライドが邪魔してハナから視界に入らないようにしているかもしれません。・・・けどそんなバブル期のプライドなんて捨て去ってしまった方がいい。100万円台だけども前ユーザーの汗が染み込んだ中古ドイツ車に乗るよりもおそらくずっと幸せな気分になれるモデルがあるはずです。もちろんカーシェアリングでガヤルド(ランボルギーニ)を使うよりもさ・・・。

  まずは・・・100万円台ながらもフルタイムAWD!!!しかも5速MTまで選べてしまう!!!とんでも無いくらいにお得なバリュー・カーです!!!そしてなんとあまり車格を気にすることなく使えることで人気がある流行のクロスオーバーです!!!本体価格はたったの166万円(輸入車でフルタイムAWDなら軽く400万円!)。しかも乗っている人はそこそこリッチな方ばかり(セカンド需要が多い)!!!いきなり1台目から決定版的なヤツ出てきました!!!なんの取り柄もない国産車が軽く200万円、300万円を越える価格で売られる時代だからこそ、こういうクルマにはぜひぜひ売れて欲しいと思うんですけどねー・・・。もちろんスズキのジムニー・シエラです。

  世間では「ルノーのカングーを弄ろう〜!」みたいな「にわかー」なトレンドがあるようですけども、日本人にはジムニーがあるだろー!!!2002年1月に登場した世代が未だに現役というスズキの宝物的モデルです。デザインもちょっとずつテコ入れされていて、どこか日本車離れした風格すら漂います。シャシーは本格クロカンと同じラダーフレーム。ランドローバーやジープの上級モデルやパジェロ、ランクルと同じ。巷で人気のマツダ、スバル、ポルシェの『なんちゃってSUV』とは格が違うんです!!!しつこいですが、ジムニー・シエラ=本物、ポルシェ・マカン=ニセモノです。

  ルノー・カングーと対峙するなら、ジムニーではなくてソリオじゃね!?もちろんこのソリオも標準装備でシートヒーターが付いていたりして、何も知らないで乗った人にはちょっと高級!?って思われる要素もあって、単なる100万円台では済まないとってもいい雰囲気があるんですけどね。残念ながら同タイプのライバル車・シエンタが同時期に発売されて、その個性的なエクステリアでやたらと目立っていまして、せっかくの新型ソリオですがちょっと日陰な存在です。まーそれもまたいいのかもなー・・・。しっかし最大手のトヨタが思いっきり「吹かし」てるのに、スズキ・ソリオはこんなにコンサバでいいのかなー?スズキに限った話じゃ決してないですけど、「地べたに這いつくばる」だけのクルマじゃちょっと若者の心は掴めないかと。

  「なんだか空飛びそう」ってくらいに思われるクルマを作らないと海外市場はともかく日本市場では話題不足でジリ貧です。あのマツダも去年の10月頃から日本では2ケタのマイナスが続いているとか。おそらく某ドイツメーカーのディーゼル搭載車の不祥事によるショックなんでしょうけども、ディーゼルがダメならマツダなんて要らないって思われている・・・そこまでのクルマ(デザイン)なんですよ。マツダはデザインで勝負しています!とか言ってますけど、あれこそ超が付くくらいのコンサバですね。スバル、日産、ボルボ、メルセデスといったデザインが下手(鈍臭い)なメーカーばかりが群がるコンサバ系の中心に、堂々とマツダがいることに思いっきり違和感を感じます。これまでのマツダのヒット車(ヒットしてないクルマも含めて)ってどれも「空飛びそう」な雰囲気持ってましたけどね・・・。

  ここまで啖呵切っておいてなんですが、「アクセラ1.5L・6MT」の176万円はどーですか(さすがに安い)!!!あるいは「デミオ1.3L・5MT・Lパッケージ」(謎の高級素材のシートが付きます)で173万円ってのもかなりコスパ高い方だと思います。確かに先代までのデミオは98万円で叩き売りされてましたから、ちょっと待て!という気にもなりますが、現行になってデミオは4輪のフィールが格段に良くなったことで、リッターカー(Bセグ)特有の制御の鈍さ(ダルさ)が軽減されて気持ち良いクルマになりました。デミオとアクセラではシャシーが違うのですけど、むしろ後発のデミオの方がいろいろと気が利いていて、決して下位な乗り味を感じさせないです。後席を使わないならもはやアクセラを選ぶ意味なんてないくらいです。乗り味に遜色が無いならば「Lパケ」でマツダの本気を感じた方がお得じゃないですか!?そして不思議なことに「Lパケ」にしないと、デミオの雰囲気が台無しになるんですよねー。アクセラの方がもちろん外面は若干良いですけども、それほど大きな差があるわけでもないですし・・・。

  外面重視で100万円台ならば、やっぱり「カローラ・フィールダー・Gエアロツアラー」が5MTが選べて187万円です。これぞ外面良し!使い勝手良し!ドライビングも愉しめる!しかも100万円台!日本が世界に誇る「スーパーパッケージカー」じゃないですかね。あと2〜3年の内にカローラも5ナンバーから脱皮して「TENGA」じゃなくて「TNGA」になっちゃうようですから、そうなると全車CVTでHVかターボに変わってとても100万円台では無理なクルマになっちゃいそうですね。

  おそらくそのタイミングでカローラに吸収合併されるであろうプレミオ/アリオンも現行のベースモデルは190万円に抑えられています。最近ではなかなか意欲的なフェイスリフトが行われて、パっと見ただけなら手頃なサイズのクラウンといった風情になりました。このクルマはトヨタの国内規格で作られているので乗り心地がもの凄く良いのも特徴です。こちらはカローラと違ってすでに全車CVTになっていますが、トヨタによると新型プリウスに見られるように、トヨタ車のCVTは漸進的にフィールの改善に務めているようですから、以前のようなあからさまなフィールの悪さは無くなりつつあります。シエンタだってそこそこいい感じですし・・・。

  プレミオ/アリオンの武器はやっぱり外面。同じく100万円台で「日産シルフィ」「マツダ・アクセラセダン」「スバル・インプレッサG4」といった同クラス車がありますが、フェイスリフト後の特にプレミオは5ナンバーながら他を圧倒する見栄えがします。継ぎ接ぎ感が無いわけではないですが、セダンらしい伸びやかなスタイリングには品格があります。このクルマがもしシャシーがFRで、6MTが装備されて同じ価格だったなら、大ヒット間違い無しですけどね。1.5L自然吸気のままでも売れちゃいそうです。86のコスト削ったシャシーを流用すれば・・・。

  同じようにソリオも、軽自動車のエブリィに使っているFRシャシーを流用すれば、わざわざ新規に開発をしなくてもFR化できてしまうとは思うのですが。シエンタに負けないくらいに「空飛びそうなクルマ」を!!!輸入車に眼を向けると、なにやら活性化してますね・・・。VWはup!の派生モデルが全て100万円台ですが、「クロス・アップ」はWRC(世界ラリー選手権)に参戦する車両みたいなエアロダイナミクスと大径ホイールが目立ちます。本国では9000ユーロくらいのクルマが194万円はちょっと高すぎな気もしますけど、日本で買ってもそれなりの満足度はあると思います。

  クロス・アップはAセグメント車(日本の軽自動車に相当)ですが、このクラスは俄に盛り上がりを見せていて、最近日本に上陸したルノー・トゥインゴはRRのシャシーに変わり、いわゆる「空飛びそうなクルマ」になりました!!!さらにルーフがスッポリ開けられるキャンバストップが付いても199万円!!!という恐るべきコンパクトカーです(トヨタもアクアの屋根を開けるか!?)。そのトゥインゴが大熱狂で迎えられた直後から、Aセグの人気者であるフィアット500から178万円の廉価グレードが設定されました!!!

  最新のコンパクトカーは経済的にハッピーなだけでなく、インテリアのデザインも相当に洗練されてきているので、いつも高級セダンの革巻きでシックな内装に包まれている人には、パステルカラーのインパネや、およそクルマのモノとは思えないレバー類は新鮮そのものだと思います。最新のNSXの内装よりもジュークやヴェゼルの方がセンスいいんじゃね?ってくらいです。クロスアップ、トゥインゴ、フィアット500といった輸入車勢もいい感じですね。デザインだけならインパネレバーの2ペダル車がいいけども、走る楽しみを考えるならMTレバーがコンソールに突立っているクルマでしょうか。もっといろいろ盛り上がるといいですねー。

VWクロスアップの動画リンク


リンク
最新投稿まとめブログ


  

  

  

  

0 件のコメント:

コメントを投稿