2016年2月24日水曜日

200万円台 第4位は・・・DS3 

  「シトロエンは正義だ!」・・・まあいろいろご意見はあるとは思いますけども。なんといってもシトロエンの特に「DS」ブランドのクルマは見栄えがいいです。日本車やドイツ車はどうしても「車格」が気になってしまって、買った後に絶対に後悔する姿がリアルに想像できてしまいます。例えば3シリーズを買ったとして、どこかでマヌケな面した5シリーズ乗りに遭遇したらなんかムカつくでしょう。頑張って5シリーズを買ったとしても、6とか7に乗ったいわゆる「 BMW乗り」に出くわしたら、「5シリ乗りの分際でドヤ顔かい?(笑)」とガツンとやられます。

  それじゃあと粋がって7シリーズを選ぶと、ドライブしても高速のSAか交差点角のコンビニくらいにしか停められない・・・なんて不便なカーライフになるでしょう(「親分」サイズ)。考え過ぎですかね? でもBMWに真剣になれない理由がまさにこれです! そんなこといちいち気にしない「能天気」で「ハッピー」な人になりたいな〜(笑)。ただはっきりと言えることは、私(たち)が神経質すぎるのではなく、全ては「BMWの戦略」だということです。下位グレードのクルマにはユーザーには必ず劣等感を「植え付ける」ような仕掛けがされているのです。4や5シリーズはともかく、1〜3シリーズに乗る・憧れる人は失礼ですが、よっぽど無神経かクルマ音痴と言わせてもらいます(ミニバンは除くけど)。

  それに比べてシトロエンDSブランドが発信する「潔さ」はとても気持ちのいいものです。やっぱりこのブランドは「正義」ですね。・・・結局のところメルセデス、BMW、アウディ、レクサス、シトロエンDSといった「プレミアムブランド」からどのモデルを選んでも、新車で買ったならばそこそこ羽振りがいいんだな・・・っていう雰囲気は十分に出せるでしょうし、知り合いを乗せてあげれば「いいクルマだね!」と褒めてくれる要素には、とりあえず事欠かないでしょう。褒められる要素をしっかり用意しているクルマ・・・それがプレミアムカーです。じゃあその中でもっともコスパが良く「褒められカーライフ」を満喫できるクルマは?・・・それがDS3だと思います。

  最初に断っておくと、DSブランドは・・・PSA(シトロエン、プジョー)と基本設計を同じとするクルマですから、「いかに高速道路を安定して走るか?」といった尺度ではドイツ勢(Aクラス、1シリーズ)に対して少々分が悪いです。大抵の人々はDSブランドのリアサスペンションの形式が「トーションビーム」なのを見て少々困惑します。私がこれまで高速道路で経験してきたクルマから判断する限りでは、「トーションビーム」と「ダブルウィッシュボーン/マルチリンク/インテグラルアーム」では、高速巡航時の安定性にかなり大きな差があります。とりあえずリアに後者を装備する「セダン/ワゴン/ハッチバック」ならば、高速道路の速い流れの中で、さらに最も早いペースで巡航したとしても全く怖いと感じることはないはずです。

  よって「トーションビーム」装備車を選ぶとなると、基本は高速道路では使わないクルマとしての用途が浮かびます。まあとりあえず高速道路に乗りさえしなければ(100km/h以上出しさえしなければ)、トーションビーム車が大きな弱点を露呈することはないですね。BMWやマツダをこよなく愛する人種は、この辺の性能にやたら神経質なので、トーションビームを多用するトヨタ、ホンダ、シトロエン、プジョー、ルノーに対して厳しい意見を持っていることが多いようです。けれども世の中はすっかりSUV(車高高いので安定しない)が大人気ですし、あまり使わない人にとっては高速道路の走行性能なんていちいち気にして買う人は少数派になってますね・・・マツダもBMWも今ではすっかりSUVにご執心なことですし(笑)。

  日本の高速道路なんてさ・・・使う度に少々イラッとするくらいのぼったくり料金ですから、よほどの用事がない限りはわざわざ高速を使って移動する有り難みなんてないです。できることなら乗らない方が幸せだと思います。ドライブを楽しむだけならば、もっといい道路はいくらでもありますし。そう考えると、いっそのことシトロエンDS3を買って、「高速道路に乗らないカーライフ」を実践してみるのもいいかもしれません(ETCも付けない!)。BMWやマツダを皮肉るわけじゃないですけど、高速巡航性を妥協しないメーカーのクルマって、やっぱり乗り心地がイマイチなんですよね。

  BMWの1〜4と、マツダの現行全ラインナップに言えることですけど、フロントのサスが簡易的な形式のものになっているので、(そのせいかわかりませんが)以前のモデルよりも過剰気味なハンドリングを受け付けてくれなくなっています(あまり無茶するとヘンなお釣が来ますよ!)。最近のマツダ車に標準装備されている「運転支援システム」は、ドライバーの過剰なハンドリングに対して、警告を発するなど厳しく採点で罰したりしますけども、実際のところは従来の振り回せるマツダ車ではなくなって、環境性能を重視して操縦範囲が狭くなっているトヨタやホンダ車に近づいているクルマの「素性」この機械で隠しているのかもしれません(そうとしか考えられない・・・アテンザのこのランキング順位は低いぞ!)。

  シトロエンDS3はおそらく欧州の設計基準である「250km/h巡航」に対応した設計にはなって「いない」と思います(1.2Lターボじゃ最初から無理ですけど)。いわゆるアウトバーンで右側(走行車線)を走るクルマです。一方でBMWもマツダも「左側(追越車線)」向けを強く標榜しているブランドです。また近年「左車線」で存在感が増していると言われるアウディは、BMWやマツダとは違って妥協しない高性能サスを使いますが、やはり「250km/h巡航」設計が仇となって、どうも乗り心地がイマイチです(新型A4はどうなったかな?)。・・・で思うんですよ、いくらなんでも日本で「250km/h巡航」設計はオーバースペック過ぎるだろう・・・と。

  ちょっとクドくなりましたが、シトロエンDS3はBMWやマツダ的な価値基準を追う事に、少々疲れた(飽きた)人々にとって、眼からウロコな「日本スペシャル」といっていいクルマです。BMWほど高速巡航性能が無い代わりに、BMWやマツダにはあまり期待できない非常にセンスの良い内装が楽しめます。さらに「クルマとの対話」を楽しめるマニュアル・ミッション(MT)も用意されていて、BMWが以前に設計した1.6Lターボエンジンが付いてギリギリで本体価格が200万円台に収まっています。Aクラスや1シリーズのベースグレードと同じくらいの価格ですが、「走り」に関しては間違いなく「DS3スポーツシック」の方が「深く」楽しめるはずです。

  シトロエンDSは現行でDS5、DS4、DS3の3車種が用意されていますが、この「3兄弟」のキャラがそれぞれに好感度高いです(考えたのは誰だ!?)。長男の「DS5」はちょっとびっくりなフォルムのツアラーです。類をみないボディタイプをみただけで「特異」な存在だとわかりますが、トヨタのアルファードのような「世界一ゆったりできるファミリーカー」を目指した!と言われたら、全てにおいて大いに納得できる設計です。

  次男の「DS4」はAクラスや1シリーズと同じCセグハッチバックです。同クラスのライバル車は日本で販売されているだけでも10車種くらいはあって、輸入ブランド同士が日本で激戦を繰り広げています。その中でDS4はやや「地味」で存在感が薄いです。3兄弟の中でも同じく「薄い」です。しかしCセグのライバル車を見るとあれこれデザイン上の欠点が目に付くのですが、このDS4は360度どこから見ても隙がないです・・・もちろん内装もクラスナンバー1と言っても語弊はないでしょう。けれども「薄い」です(美人薄幸?)。

  そして三男の「DS3」は眩しいくらいに磨き抜かれた「デザイン」が光ります。末っ子らしいオーラとでもいいましょうか、このクルマを選んだ人はDS5やDS4を特別に羨んだりすることはないのでは?と思うほど、このクルマ自体に独特の「惹き」があります。DSブランドが認知されようななかろうが、「DS3」という輝くスターモデルが存在価値に大きな影響はない!といっていいくらい、ブランドの枠を越えた「規格外」の存在感です。これって名車の条件ですよね! 「アンフィニ」なんて知らないけど「RX7FD3S」は知っている!みたいな感じでしょうか?

  最近思うのですが、トヨタがレクサスブランドの人気を上げることに躍起になってますが、これからの自動車販売では「レクサス」ブランドではなくて「プリウス」ブランドなるものを新たに作ったほうが効果的ではないかと思います。プレミアムブランドなんて結局は「営業利益率を10%以上に押し上げる」というシンプルな発想の具体論にしか過ぎません。レクサスをゴリ押しするよりも、「プリウス」ブランドでクルマを磨いた方が早く結果が出るのではないでしょうか・・・それくらいに新型「プリウス」には華がありますよ。

  DS5よりもDS4よりもブランドの顔として立派に君臨している感のある(逆ヒエラルキー!!!)DS3は、フランスからやってきた「プリウス」に匹敵する怪物車だと思いますよ。もうブランドの時代は終わった!これからは個々の「モデル」の時代だ!!! トヨタなんて知らないけどプリウスは知っている! シトロエンなんて知らないけどDS3は知っている!そういうクルマとの巡り会いが今後は増えて来るのではないでしょうか?


リンク
最新投稿まとめブログ
↓こちらはシトロエンの新しいイメージリーダー「C4ピカソ」・・・全身アート。

  

0 件のコメント:

コメントを投稿