2014年8月16日土曜日

日本車vsフランス・ドイツ・イギリス・イタリア車のデザイン対決

  前回に引き続き、清水草一氏の手抜き(失礼!)と思われるベストカー記事に憤慨しての企画ですが、日本と主要国との「デザイン対決」を考えてみたいと思います。ちなみにくどいようですが、清水氏の結論は中国◯韓国△アメリカ◯スウェーデン△フランス×イギリス×ドイツ×イタリア×で日本は2勝4敗2分だそうです(しかも日本寄りのジャッジで!)。そして私が考える前回までの結果は中国◯韓国◯アメリカ×となっています。今回は残りの5カ国との対戦を考えていきたいと思います。

  まずはスウェーデンですが、大手ブランドはボルボしかないです。ということでボルボ全モデルを検証して日本代表と闘わせましょう。「V40vs アクセラ」「S60vsレクサスIS」「V60&V70vsアテンザワゴン」「XC60vsハリアー」「XC70vsレクサスRX」「S80vsレクサスLS」・・・ボルボもとても頑張ってはいると思いますが、さすがに圧倒的な質・量で日本の完勝じゃないでしょうか。ボルボの主力車種S60/V60が、恥も外聞もなく某・日本メーカーのフロントデザインをモロにパクってフェイスリフトをしてるくらいですから、デザインに関してはスウェーデンは日本に何も文句言えない弱い立場です。これは中国や韓国よりも完全にイージーな相手でした!

  次はフランス・・・これは相当にキツいですね。シトロエンとかいう国際競争力ゼロのくせにやたらと「乙」なデザインを繰り出してくるブランドがあります。そして同じPSAグループのプジョーが出した「新型308」もまた素晴らしいデザインです!余計なことは何一つしてないハッチバックらしいシンプルなデザインですけど、とても瑞々しくてナチュラルな美しさを持っています。シトロエンDSシリーズは「ファッションの国」の圧倒的な自信と破壊力を見せつけていますが、この308の素朴な佇まいは「カウンター的」なインパクトがありました。

  プジョーからのパクリ疑惑が数年前に巻き起こった、日本の某メーカーの開発主査は世界を驚かす自慢のデザインを「チーターをモチーフにしました!」なんてドヤ顔で説明してましたが、そもそもなんで日本にいない動物を?といった「勇み足」な感じがしてしまいます。あれこれと手を加えることももちろん素晴らしいですが、「新型308」のようなスピリッチュアルなデザイン手法と比べると稚拙・蛇足に感じてしまいます。エース格のブランドがこの体たらくなので日本の負けです。この某日本メーカーはルノーに有能なデザイナーを引き抜かれるなどフランスでもかなり注目を浴びているようですが・・・。

  いよいよ強豪国の登場!イギリスです。2013年WCOTYのデザイン賞で「アテンザ」が「ジャガーFタイプ」に負けたという既成事実があるのが痛いです。けどジャガーの大々的なフェイスリフトがマツダのパクリというのも逃れられない現実なので、ジャガーとマツダに関してはノーサイドです。じゃ・・・ということで「ランドローバーvs日本の新型SUV群」という非常に判定しにくいところで勝負を決するわけですが、まさかのハリアーがイヴォーグのパクリ!?というこれまた微妙な展開。まあハリアー抜きでも日本市場における国産SUVの過熱気味の販売状況を考えると、やはり質・量ともに十分で日本の負けはとりあえず無さそうです。欧州でもエクストレイルやジュークの日産勢が大人気になっているので、この勝負は日本の大金星でいいでしょう。スバルXV、ホンダヴェゼルなど最近の日本車SUVの充実ぶりは神懸かり的です。

  一応BMWミニにも言及しておきたいですが、やはりこのブランドはデザインに関しては「保守的」という特殊な事情があるので比較対象にしにくいですね。しかしミニに刺激されて日本の小型車も優れたデザインが次々に登場しています。とりあえずデザインだけならば日本の軽自動車もかなり先進的で「ホンダNワン」と「ダイハツミラココア」の両雄ならばイギリスの伝統デザイン「ミニ」にも匹敵する普遍性を持っているように思います。

  さて今度は「絶対に負けられない戦い」対ドイツ戦です。日本の輸入車シェアを大きく占めてるだけあってラインナップも豊富です。しかしクルマをトータルで見たときのデザインの完成度で代表を選ぶと、意外にあまりめぼしい候補がなく・・・かろうじて「アウディA5」「ポルシェ911タルガ」「VWシロッコ」の3台くらいでしょうか。一方で日本勢は同じ基準で選ぶと「アテンザ」「アクセラ」「レクサスIS」「レクサスCT」「スカイライン」「ヴェゼル」・・・次から次に出てきます。まあドイツ車はデザインよりもブランド力がモノをいうわけです。

  しかし現在、日本車デザインが全てのジャンルで著しく良くなった理由を考えると、2012年のマツダCX5の登場辺りに契機があるわけですが、この時にマツダが行った上級ラインナップのセダンと同じクオリティのデザインをSUVに持ち込むというアイディアは、元を辿ればアウディ先に行っていて道筋を付けていたものだったといえます。マツダがそれを真似てさらにホンダがそれ以上に上手くやって「ヴェゼル」という傑作デザインを完成させました。まさかあのアコードHVの顔が一番しっくりハマるのはSUVだったのか!と当のホンダが一番ビックリしたかもしれません。日本はドイツからも大金星が取れそうでしたが、ここはフェアプレー精神で引き分けにしたいと思います。

  さて大ボスのイタリア戦です。スーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ)とフィアット500という日本のプロダクトとあまりかち合わないので、これまた優劣をつけるのは難しい・・・と思っていたら、日本車がそこそこ自信を付けてきてレクサスやらインフィニティやらの鼻息が荒くなっている高級サルーンに、「ギブリ」というでっかい風穴を開けられてしまいました。せっかくドイツ勢を全面的に包囲するくらいに洗練されてきた日本の高級サルーンですが、完全に「デザイン」だけであっさりと中央突破されちゃいました。一方、日本のデザイン番長マツダはというと、イタリアにおいては「つむじ風」すら起こせていません・・・。やばいこれはさすがに格が違い過ぎる!というわけで日本完敗。

  ということで日本の対戦結果は、中国◯韓国◯アメリカ×スウェーデン◯フランス×イギリス◯ドイツ△イタリア×となり、4勝3敗1分ということになりました。予定調和?とか言われちゃうかもしれないですが、私としては最後までフェアにジャッジができたと感じてとても清々しい気分です。イタリアとフランスの底力とアメリカの再成長をまざまざと実感しました。日本メーカーにはさらなる精進を期待したいと思います!


リンク
最新投稿まとめブログ
↓ユーノス500のようにジウジアーロが絶賛する日本車出てこい!

0 件のコメント:

コメントを投稿